2013年09月02日

過敏性腸症候群治療薬の治験







にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

ず~っと便秘と付き合うの?

新しい治療法を試す治験を実施しています。

興味のある方はこちらから。



最新過敏性腸症候群(IBS)治療!



製薬企業などが新薬、健康食品、化粧品を開発する過程で、
臨床試験(治験)を必ず実施します。

病院や薬局で処方されるお薬から、ドラッグストアなどに陳列されている健康食品も、
例外なく臨床試験を通して販売されています。

臨床試験の一種である治験とは、
製薬企業が作ったお薬を販売前にその安全性や有効性を確かめる試験のことを言います。

確かに、治験の段階ではまだ国も承認していないお薬を服用するわけですから、
未知の副作用が出る可能性を否定できませんし、
期待された効果が得られないなど、
何が起こるかわからないという一面もあります。

しかし、治験に参加することで、その病気の専門医による丁寧な診察を受け、
従来効果が認められなかった病気に対する新しい治療を試す良い機会でもありますし、
現在のお薬より効果が期待されたり、
副作用が少ないことが期待されているような新しい治療を試す機会でもあります。

治験に参加する際には病院等で、これらを細かく説明した文書が渡されますので、
解からない点があれば、何でも質問して、じっくりと時間をかけて説明を受ける事ができます。

もちろん全く副作用の無い薬はありません。

これは現在使用されている薬でも治療薬でも同じ事です。

しかし病気の状況によって許容可能な副作用があると考えられます。

生死に関るような重大な病気の場合に起こる副作用と
自然に治ってしまう軽い病気の時に起こる副作用では、
受け入れる患者さんの姿勢にも大きな差があります。

予測される治験薬の副作用の種類や頻度についても、
十分にご理解頂いた上で納得頂き治験にご協力頂けます。

ご応募はこちらからどうぞ



最新過敏性腸症候群(IBS)治療!



━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■□━━━ 過敏性腸症候群治療を受けませんか? ━━━━━□■□■□

【参加条件】
■20~64歳以下の男女
■過敏性腸症候群でお腹の痛みを伴う便秘が他と診断された方、
 または可能性のある方
■過去にとても重い大腸の病気にかかった事のない方
■大腸検査を受けていただける方
 
※条件に当てはまる方は、どなたでもご参加いただける可能性があります。

まずは下記より応募し、相談してください。

         ↓今すぐ応募しよう↓

最新過敏性腸症候群(IBS)治療!





posted by ハルちゃんパパ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 過敏性腸症候群 | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

過敏性腸症候群の治療(その②)







にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

食事療法や運動療法で症状が改善しない場合は、
医師による薬物療法が用いられます。

薬物療法では、症状に合わせて以下のような治療薬が処方されます。

また、腸のセロトニンに作用し、
早期から確実に症状を改善する薬も用いられるようになりました。

セロトニン3受容体拮抗薬

腸で作用するセロトニンの働きを抑え、
腸の運動異常や痛みを感じやすい状態を改善する
男性の下痢型過敏性腸症候群における治療薬です。


高分子重合体

便に含まれる水分量を改善して、
便をちょうどよい硬さに保つ薬です。


消化管運動調節薬

消化管の動きを活発にしたり、抑えたりする薬です。


乳酸菌製剤

腸内の乳酸菌を増やすことで、腸内環境を整える薬です。


下剤

腸の運動を活発にしたり、便をやわらかくしたりする薬です。


抗コリン薬

腸の異常な運動を抑え、腹痛を抑える薬です。


ここであまり聞きなれないセロトニン(5-HT)について解説します。

セロトニンは体内の神経伝達物質の1つ(うつ症状と関連してイメージする人が多いかもしれません。)で、
体内にあるセロトニンの約90%は腸内に存在し、
残りの10%のうち、8割程度は体内を循環します。

残りの約2%が脳の中枢神経に存在し、
精神面に大きな影響を与えていると考えられています。

近年の研究で、腸内にあるセロトニンは、
消化管の働きに作用していることがわかってきました。

脳がストレスなどの刺激を受けると、
腸の粘膜からセロトニンが分泌されます。

それが腸内にあるセロトニンからの信号の受け手であるセロトニン受容体と結合すると、
腸の動きが異常をきたし、下痢腹痛などの症状を引き起こします。

最近では、この「セロトニン」に着目した治療薬がついに国内でも登場し、
大きな期待が寄せられています。

次回は、過敏性腸症候群治療薬の治験についてお話します。


━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■□━━━ 過敏性腸症候群治療を受けませんか? ━━━━━□■□■□
【参加条件】
■20~64歳以下の男女
■過敏性腸症候群でお腹の痛みを伴う便秘が他と診断された方、
 または可能性のある方
■過去にとても重い大腸の病気にかかった事のない方
■大腸検査を受けていただける方
 
※条件に当てはまる方は、どなたでもご参加いただける可能性があります。

         ↓今すぐ応募しよう↓

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=25VTH1+3O69UI+25XU+15R4NN


━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



posted by ハルちゃんパパ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 過敏性腸症候群 | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

過敏性腸症候群の治療(その①)







にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


過敏性腸症候群の治療について解説していきたいと思います。

過敏性腸症候群の症状は、精神的なストレス生活の乱れによって引き起こされることが多いため、症状を改善するにはこれらの要因を解消することが基本となります。

ストレスが原因となっている場合

自律神経失調症の恐れがあるので、まず精神的に不安定な状態を解消し、ストレスの原因となっているものをはっきりさせて、これを取り除く必要があります。

消化器科の医療機関での薬物治療や、精神科の医療機関での心理療法などによる治療を受けることが最も望ましいです。

生活の乱れが原因となっている場合

暴飲暴食喫煙アルコールの多量摂取を避けなければなりません。

食生活の改善および生活習慣の改善を行い、規則正しい生活を送る必要があります。

そのなかでも重要になってくるのが、食事療法運動療法による治療です。

食事療法では、下痢をくり返している場合は、香辛料や冷たい飲食物、脂っこいものなどを避けましょう。

乳製品やアルコールも下痢の原因になる可能性があるので、控えたほうがいいでしょう。

便秘をくり返している場合は、香辛料など刺激の強い食品は避けつつ、水分や食物線維を多く摂れるような食事を心がけてください。

また、運動療法では、適度な運動は腸の働きを整える効果が期待できるほか、気分転換・ストレス解消にもなります。

体操や散歩などの軽い運動を積極的に生活に取り入れましょう。

過敏性腸症候群にかかった際の生活習慣の改善についてお話してきましたが、いかがでしょうか?

次回は過敏性腸症候群の薬物治療について解説していきたいと思います。


━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■□━━━ 過敏性腸症候群治療を受けませんか? ━━━━━□■□■□
【参加条件】
■20~64歳以下の男女
■過敏性腸症候群でお腹の痛みを伴う便秘が他と診断された方、
 または可能性のある方
■過去にとても重い大腸の病気にかかった事のない方
■大腸検査を受けていただける方
 
※条件に当てはまる方は、どなたでもご参加いただける可能性があります。

         ↓今すぐ応募しよう↓

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=25VTH1+3O69UI+25XU+15R4NN


━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



posted by ハルちゃんパパ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 過敏性腸症候群 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。